社会保険労務士・山口労務経営管理事務所|東京都渋谷区 > ブログ

事業場への入退場時間と労働時間

2011年8月28日 日曜日

 労働時間をどのように把握するのかは、法律上特段の定めはなく、会社が自由に決定することができます。


 労働基準法では、「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関する基準」(平成13年4月6日基発第339号)において、使用者が始業・終業時刻を確認し、記録する方法として、原則として、①使用者が自ら現認する、②タイムカード、ICカード等の客観的な記録を基礎として確認するという方法によらなければならない旨が定められています。労働基準監督署は、この通達を根拠としてタイムカード等の客観的な記録により、労働時間を把握するよう指導をしています。この中でも一般的に多くの企業が導入しているのは、タイムカードかと思います。タイムカードは、利用目的によってはその打刻時間をもって労働時間とは判断されていないケースがあります。


 厚生労働省は、「厚生労働省における職員の勤務時間管理については、国の機関として国家公務員法……、人事院規則等に基づき勤務時間報告書等を適切に管理することにより特段の支障なく行っているところであり、また、タイムカードのみでは職員の正確な勤務時間が把握できないことから、勤務時間管理の手法としてタイムカードの導入は必要でないと考える」(http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b158015.htm)と方針を示しています。要するに、タイムカードは庁舎管理の観点から用いており、職員の勤務時間管理の「目的」では用いないということです。


 また、裁判例の中には、「タイムカードを打刻すべき時刻に関して労使間で特段の取決めのない本件においては、タイムカードに記録された出社時刻から退社時刻までの時間をもって実労働時間と推定すべきである」(三晃印刷事件・東京地判平9.3.13)、「被告は当該タイムカードによっては従業員の労働時間の管理を厳密にはしておらず、むしろ、各従業員が記入した地域別収集状況に基本的によっており、従業員からの当該申告を見て疑問のあるところをタイムカードと照らして労働時間管理の正確性を期するために補助的に打刻を指示していたに過ぎず、厳密な打刻管理をしていたようには見受けられないこと、……原告がこのタイムカードをどのようなタイミングで打刻していたのかもあまり明確ではないことなどからすると、原告の請求期間の労働時間を正確に把握するものとしては不十分である」(藤ビルメンテナンス事件・東京地判平20.3.21)等と判示しているものがあり、いかなる目的でタイムカードを利用しているのかを明らかにしておくことは有用であると考えられます。


 つまり、タイムカードはビルや工場などの事業場の入退場を記録する目的で利用し、他方、労働時間管理簿などにより遅刻、欠勤、早退等を把握するような場合、タイムカードは入退場管理する等の目的で利用することを明示していたのであれば、タイムカードの打刻時間をもって直ちに労働時間とはなり難くなります。

「年金確保支援法」成立

2011年8月8日 月曜日

国民年金の未納保険料を遡って支払うことができる期間を、現行の過去2年間から10年間に延長する等を盛込んだ「年金確保支援法」が、4日に成立しました。


【「年金確保支援法」のポイント】


1.国民年金加入者の無年金防止・年金増額支援

・     国民年金保険料の納付可能期間を、現行の過去2年間から10年間に延長(3年の時限措置)

・     60歳~65歳の任意加入被保険者でも国民年金基金への加入が可能に

2.確定拠出年金の拡充

・     加入できる上限年齢を60歳から65歳に引き上げ

・     従業員個人の掛け金拠出が可能に

・     事業主の投資教育の継続実施を義務付け

3.財政悪化した厚生年金基金の支援

・     解散時の代行部分の返還に分割納付を認める


1.国民年金加入者の無年金防止・年金増額支援について…

 これにより「最大1600万人が年金受給額を増やせる」とのことですが、実際はどれだけの効果となるのかはわかりません。この法律は、平成24年10月1日までの間に施行、3年間に限って納付期間を延長します。

 また、かつて行われた3回の特例納付とは異なり、後払いする際の保険料額は、国債の利率などを勘案して加算されることになっています。

 

2.確定拠出年金の拡充について…

 現在は従業員が老後に備え自分で掛け金を増やしたいと思っても自分で拠出することは認められません。この法律の施行後は、従業員が上乗せして掛け金を出せるようになりますので、税制優遇を受けつつ老後資産を形成できるようになります。

 また、掛け金を積み増せる年齢上限も引き上げとなります。現在は加入者が60歳を超えると掛け金を出せませんでしたが、定年年齢の引上げ等に関連し、60歳を超えて働く人が増えている状況に対応すべく、企業が選択すれば65歳まで掛け金を積み増せるようにしました。

▲ページの先頭へ戻る
▲ページの先頭へ戻る